期間限定!岡山後楽園の「夏の幻想庭園」へ行ってみた!

お仕事帰りにふらっと訪れるも良し!みんなでわいわい集まるも良し!幻想的な雰囲気にうっとりしてしまっても、押さえておきたい!「ここだけは!」なポイントまとめました!お隣岡山城で同時開催の「烏城灯源郷」もお見逃しなく!
岡山後楽園「幻想庭園」&岡山城「烏城灯源郷」どちらも8月31日(土)まで!
掲載日:2019年08月09日
  • ライター:おもとまちこ
  • 432 ビュー

水辺で夕涼み(岡山後楽園/沢の池)

美しい回遊式の庭園内で涼やかさNO.1といえば沢の池です。きらきらと光る水面、爽やかなグリーンの芝生を眺めながら、まずはゆっくりと散策しましょう。
期間中の金曜は和装の方はなんと入場無料の「ゆかたDay」!向かいの県立博物館講堂では着付けサービス(500円)が受けられるので、気軽に和スタイルが楽しめますよ!

カモと宵待ち

カモの群れも夕やけにうっとり!?園内には沢山の生きものたちがいて鯉のエサやりも大人気!鯉に混じって首をのばす亀たちもかわいくってたまりません。タンチョウツルも鶴舎でお待ちしています。

茶屋で一服(福田茶屋)

茶畑とお城ビューがどちらも楽しめる茶屋では夏季限定「ももシリーズ」を味わえます。地元契約農家直送の県産桃100%の桃ビールはまさに桃とビールのハーフ&ハーフ!極上の果実味です。
定番のあんみつも、備前焼の器にきびだんごと桃が入った岡山ならではの一品。
和モダンテイストの店内にはかわいい和柄パッケージのお茶がずらり!
もも緑茶やほうじ抹茶ラテなど、福田茶屋限定みやげをゲットしよう。岡山の老舗・中山昇陽堂の元祖「あん入り」きびだんごも後楽園ならではの逸品なのです。

庭園トワイライト

青空がしだいに赤く染まりはじめる夏の18時。ここからの1時間はまさに幻想ワールドへ入り口です!ビールを飲んだり、散策したり。思い思いに日が沈むのを待ちましょう。
期間中の毎週金曜(8/9~)にはスターライトステージも開催され、8/16には「あの方」風に歌い上げると話題沸騰のポセイドン石川さんも登場。お見逃しなく!
 

ミシュラン級の絶景(唯心山)

すっかり夜を迎えた園内にきらめくレモン色の光たち。さすがは、あのミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで2つ星の「唯心山からの眺め」です!
混雑する夕方からは一方通行になっていますので、さざなみ茶屋側の入り口から登頂しましょう。

風鈴オブジェ(涼の小径)

カラリン、コロリンと素朴な音色を奏でる、素焼きの風鈴のトンネルも人気のフォトスポットです。芝生や松林を照らす竹灯りもとってもクールで魅力的。夜空にうかぶ月だって粋な演出のひとつになってしまいます。2019年8月は、15日~16日にかけてが満月タイムですよ!
 

影絵アート(延養亭)

ライトアップされた延養亭には厳かな雰囲気が漂います。障子に映し出されるツルと松。幻想的な光と影のコントラストに岡山の、にっぽんの、和の美も感じられますよ。歴代のお殿様はこの場所から、どんなお気持ちで夜景色を眺めたのでしょうか。
※無料のナイトボランティアガイド→8/24(土)、25(日)①19時~②19時半~

幻想の宴(庭園ビアガーデン)

自由席だけでもドドーンと300席!暗くなるごとに混み合ってきて20時頃がピークです。屋台からの煙と人々の熱気。下津井たこの天ぷらに千屋牛串。ついふらりと誘われてしまいます。会社帰りはもちろん家族連れに外国人観光客と、なんだかとってもグローバルな異空間でいただく独歩ビールはまた格別ですよ!

光の道

ホタルのような淡い光が曲水にそって続いているので、安心して夏の夜のそぞろ歩きが楽しめますよ。そしてお帰りは断然、月見橋方面の南門へ!まだまだ眠らない城が待っています。

烏城灯源郷(岡山城)

月見橋のノスタルジックさとも良く似合いますが、碧水園寄りから見る岡山城も一見の価値あり。夜の水面にお城が映ってとても幻想的!
岡山後楽園の幻想庭園と岡山城の烏城灯源郷を合わせてお楽しみくださいね。
マップを見る
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

同じテーマの記事

このライターの記事