マニアも喜ぶ!廃線跡から現役車両まで、鉄道をテーマにした観光スポット6選

機関車庫や廃線跡を、鉄道館や記念館、サイクリングロードとして整備した話題の観光スポットや、今なお現役で走る旧国鉄の貴重な車両をご紹介。
掲載日:2017年04月04日
  • ライター:おか旅編集部
  • 21913 ビュー

津山まなびの鉄道館

全国に現存する扇形機関車庫のうち第2位の規模を誇る旧津山扇形機関車庫が2016年にリニューアルオープン。日本に1両しかない「DE50 1」など計13両を展示。2017年4月には鉄道模型ジオラマもリニューアルし、津山市の町並みを忠実に再現。

柵原ふれあい鉱山公園 柵原鉱山資料館

1991(平成3)年に廃線となった片上鉄道の車両を片上鉄道保存会が動態保存し、毎月第1日曜には片道約400mの展示運転を実施中です。

笠岡市井笠鉄道記念館

昭和46年に廃線となった井笠鉄道の新山駅舎を利用し、昭和56年に開館。営業当時の備品や写真などが並べられています。開業時にコッペル社(独)から購入した蒸気機関車を展示。

湯郷温泉てつどう模型館&レトロおもちゃ館

どこか懐かしい風景をNゲージ鉄道模型のジオラマで再現。長短12のレンタルレールコースがあり、持ち込み車両の走行も楽しめます。レトロおもちゃ館では、昭和の懐かしい生活用具・漫画雑誌・おもちゃなどを展示。

風の道(旧下津井駅)

1991(平成3)年に廃線となった下津井電鉄線の路線跡のうち、旧児島駅から旧下津井駅までの約6.3kmを整備し、歩行者・自転車専用道にしたもの。

水島臨海鉄道(キハ37)

旧国鉄時代のディーゼルカーが現役で活躍中! 5両しか製造されていないキハ37型のうち2両が水島臨海鉄道に。国鉄色のままの車両も走っています。倉敷市中心部~水島地域の約10kmを20分ほどで結びます。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事