採れたて、搾りたて! 岡山の農園&農場発スイーツ6選

「晴れの国おかやま」で太陽の恵みを存分に受けて育った果物や、自然の中でのびのび育った牛やヤギのミルクを使ったこだわりのスイーツ。そんな逸品に出会える岡山県の農園&農場をご紹介。お出かけ途中に立ち寄ったりお取り寄せしたりして、味わってみて。
掲載日:2018年06月13日
  • ライター:おか旅編集部
  • 4408 ビュー

水車の里フルーツトピア(矢掛町)

農園で育てられたいちごやぶどう、梨などの収穫体験ができるスポットです。カフェでは園内でとれた旬のフルーツを使ったパフェを提供。矢掛町の伝統行事である大名行列の奴さんをイメージした「フルーツトピアパフェ」は、町内の小学生がデザインしたものです。ほかにも木~日曜日限定で、4種のスイーツと農園で収穫された果物などを盛り合わせたスイーツプレートも登場。※季節によって使われるフルーツは変わります

農マル園芸吉備路農園(総社市)

いちご狩りやブルーベリー狩りが楽しめるほか、花や野菜の農産物直売所もある、中四国最大の総合観光農園です。ガーデンカフェではクレープやサンデーなど、季節ごとのフルーツや完熟果実で作ったソースをたっぷり使ったスイーツが楽しめます。写真は季節限定の「ブルーベリーデコレーションソフト」で、6月上旬から販売。

農園カフェ湯郷by美作農園(美作市)

冬から春はいちご、夏から秋はぶどう狩りが楽しめる観光農園です。美人の湯として名高い美作市の湯郷温泉の旅館・ホテル・女将の会の声から生まれた「湯郷美人 いちごぷりん」は、“美人を作る”をコンセプトに作られたひと品。ビタミンCが豊富な美作農園の完熟いちごをはじめ、牛乳や卵などもすべて岡山県産のものを使っています。

まきばの館(美咲町)

豊かな自然に囲まれ、生きものとのふれあいや花畑を楽しむことができる畜産施設「まきばの館」の名物は、直径約13㎝のジャンボシュークリーム。一般的なシュークリームの1.5~2倍の大きさがあり、バターが香るサクッとした食感の窯焼きシューの中にカスタードクリームたっぷり詰まっています。

cafe & sweets きらり(新見市)

ヤギ牧場が営むカフェでは、山羊のミルクを使ったおいしくてヘルシーなスイーツが楽しめます。看板商品は、米粉の皮に山羊ミルクのクリームを詰めたシュークリーム。阿新米100%の米粉が使われた、純新見産のスイーツです。ほかにも、新鮮な山羊ミルクで作るプリンもおすすめです。

まほらファーム(津山市)

その日の朝うみたての卵と搾りたてのミルクを使って作る2層構造の「ほまれプリン」。牧草からこだわって育てられた牛のノンホモミルクの風味を逃がさないよう、低温殺菌して作られた爽やかな上の層と、ストレスフリーで育てられた鶏の臭みのない卵の黄身だけを使ったカスタードのように濃厚な下の層がバランスよく口の中でとろけます。シンプルだけど贅沢な農家のプリンです。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事