初夏に食べたい!定番から変わり種まで絶品ソフトクリーム11選!

冷たいものが恋しい季節到来♪ 定番のジャージーソフトから、ちょっと変わったデニム色(!!)、かなり変わったカキフライ入り(!?)まで、岡山県内のおすすめ絶品ソフトクリーム11種を一挙ご紹介!
掲載日:2017年04月27日
  • ライター:おか旅編集部
  • 12051 ビュー

ジャージーソフトクリーム(蒜山高原)

蒜山高原は国内屈指のジャージー牛酪農地帯。コクのある濃厚な味わいは、乳脂肪や乳タンパクを多く含むジャージー牛乳ならでは!蒜山高原に行ったら必ず食べたい定番ソフトです。

ヤマブドウソフト(ひるぜんワイナリー)

蒜山特産のヤマブドウを使い、甘酸っぱくさっぱりとした大人の味。濃厚なジャージー牛乳のバニラ&ヤマブドウ味MIXも。ヤマブドウは東北など冷涼な地域が主な産地なので、西日本では初のフレーバー!

ラベンダーソフトクリーム(ハーブガーデン ハービル)

ひと口食べると、ラベンダーの香りがいっぱいに広がります。ハーブガーデンで高原のさわやかな風に吹かれながら食べるソフトクリームは格別です!

はちみつソフト(山田養蜂場みつばち農園・ぶんぶんファクトリー)

鏡野町にある山田養蜂場のはちみつを使用した、しっとり滑らかなソフトクリーム。 お菓子工房「ぶんぶんファクトリー」では蕎麦の花から採取した蜂蜜を使用しています。

黒豆ソフトクリーム(那岐山麓・山の駅)

岡山県が屈指の生産量を誇る黒大豆を使ったソフトクリーム。濃厚でありながらも程よい甘さとなめらかな舌触りが特徴。

紫いもソフト(道の駅みやま公園)

玉野特産の紫いもを使用した上品な味わいが楽しめます。ファンの声に応え、2年ぶりに復活。2017年5月末まで土・日・祝のみの限定販売というレアな一品です。

しょうゆぶっかけソフトクリーム(衆楽館)

みたらし団子のタレ風の醤油ソースがかかったソフトクリーム。醤油の香りを保ちつつ、甘くてちょっぴりほろ苦い味わいが特徴。わさび添えのバリエーションもあり、どれも今までなかった新感覚!

カキフライソフト(日生「五味の市」)

備前市日生産のカキフライが2つ刺さって、さらに刺身醤油…!? インパクトのある組合せと、そのビジュアルに少し腰が引けてしまいがちですが、これが意外とイケるんです!

デニムソフト(倉敷デニムストリート)

国産ジーンズ発祥の地である倉敷ならではのブルーなソフトクリームはラムネ味にブルーベリーが隠し味。ルックスとは裏腹に、正統派スイーツなんです♪

白桃プレミアムソフトクリーム(桃茂実苑)

岡山といえばやっぱり白桃!果汁たっぷりなのは当たり前、果実まるごと乗っかってるのがプレミアムの証。プチプチの果肉とクリーミーなプレミアムバニラの口溶けがたまらない!

ミルク・ぶどうのミックスソフトクリーム(道の駅 笠岡ベイファーム)

初夏から秋にかけては「ぶどう」!毎年1月末から4月末ごろまでは「いちご」になるそう。どちらもミルクとのミックスで食べてみたい★

同じテーマの記事

このライターの記事