まだまだある!その他県内の近現代建築を一挙紹介!

#白い森の散策│Junko Fukutake Terrace

無数の白く細い柱が立ち、まるで木立の間を散策しているかのような心地よい空間が広がります。
<SANAA/2014年>

#影遊び│高梁市成羽美術館

コンクリート壁や光を多く取り入れた館内は、光と影のコントラストが時間によって変化し、様々な表情を見せてくれます。
<安藤忠雄/1994年>

#まるで木造建築?津山文化センター

建物を取巻く「斗栱(ときょう)」構造は、日本の伝統的木造建築の軒の荷重を支えてきた技術です。
<川島甲士/1965年>

#アートと一体│奈義町現代美術館

円筒形の展示室「太陽」には、日本を代表する現代美術家・荒川修作氏とマドリン・ギンズ氏の作品が展示されており、傾斜した不思議な空間で鑑賞することができます。
<磯崎新/1994年>
マップを見る