アートとグルメと散策を楽しむ、牛窓&前島のうららか日帰り旅

青い空と海が広がる牛窓は、風光明媚な景観で県内でも人気。緑豊かな「恋人の聖地」オリーブ園と前島に、新たなアートスポットが誕生しました。古き良き町並みにある自然派ベーカリーやレトロなカフェもあり、デートやドライブにもぴったり。アート巡りと散策をゆっくり楽しんで。
掲載日:2024年02月29日
  • ライター:おか旅編集部
  • 1544 ビュー

1.しおまち唐琴通り

前島行きフェリー乗り場から東へ歩くと、海に並行した「しおまち唐琴通り」が続きます。風待ち、潮待ちの港として栄えた牛窓の、江戸時代から昭和30年代までの町の面影が残り、ノスタルジック。道々、朝鮮通信使にまつわる本蓮寺や御茶屋跡、旧中國銀行、燈籠堂跡など、伝統的建造物や史跡が点在していて、散策におすすめのコースです。

所在地:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓
TEL:0869-34-9500(瀬戸内市観光協会)

2.オぷスト

しおまち唐琴通りには、フランス製の薪窯で焼く、天然酵母パンの店がある。体にとって安心・安全な材料を選び、自家培養の酵母で発酵させたパンはしっかり歯ごたえがあり、風味豊かです。ハード系だけでなく、あんぱんやメロンパンなどのおやつパンや、肉や乳製品を使わないヴィーガンサンドなどもあり、自然派志向のファンが遠くからも訪れます。

所在地:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓2895
営業時間:11:00~17:00
定休日:日~火曜日

3.The Reflective eye

牛窓からフェリーでわずか5分。前島に降り立ったらまずは前島港に誕生したパブリック・アート「The Reflective eye」を鑑賞しよう。作者は、岡山県在住のアーティスト・金孝妍(キム ヒョヨン)さん。目をモチーフにした造形で、「横山製網」のカラフルな黄色と水色の漁網で太陽と海を表現しています。「目」を通して牛窓を眺め、また作品の中から眺める風景もぜひ体験してみて。

所在地:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓5662-4(瀬戸内市緑の村公社)
TEL:0869-34-4356(前島フェリー)
見学自由

4.ランデヴー

「恋人の聖地」に選定されている牛窓町牛窓。なかでも人気の観光スポット「牛窓オリーブ園」の山頂に2023年、ハート型のオブジェ「ランデヴー」が完成。可愛いピンクのチェック柄で、SNS映えするためフォトスポットとしてもカップルに人気です。手がけたのは、瀬戸内市出身のアーティスト・隠﨑麗奈さん。対岸に見える前島の「The Reflective eye」とともに、ふたつのアートスポットを巡るのがおすすめ。「The Reflective eye」と「ランデヴー」の“アート両まいり”をすると、ラッキーなことがありそうですね♪

所在地:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓412-1(牛窓オリーブ園内)
TEL:0869-34-2370(牛窓オリーブ園)
営業時間:9:00~17:00
定休日:無休

5.てれやカフェ

民家の中に建つ、コーヒーと文学と音楽を愛する人のカフェ。レトロな店内は居心地がよく、お気に入りのソファでまったりとした時間が過ごせました。数種類のカレーやパスタのランチ(サラダ・スープ・ドリンク付き)1480円~や香ばしい「てれや珈琲」650円が味わえます。
自家製ケーキや牛窓の太鼓の名手にちなんだユニークな「たいこのおっちゃんパフェ」950円などスウィーツのメニューも豊富。

所在地:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓4200-1
TEL:0869-34-5397
営業時間:10:00~18:00
定休日:木曜日

6.瀬戸内市観光センター 瀬戸内きらり館

前島行きフェリー乗り場前にある観光案内所。入口の青い「恋ポスト」が目印。
館内では、オリーブ製品や、瀬戸内市の特産品、地酒、備前焼などを販売しています。また、レンタサイクル(4時間500円)の貸出し、観光案内なども行っています。
「牛窓デート♡恋ポスト」オリジナルレターセットで、大切な人に手紙を書いて投函してみましょう。きっと牛窓旅の記念になるはず。

所在地:瀬戸内市牛窓町牛窓3031-2
TEL:0869-34-5250
営業時間:8:30~17:00
定休日:火曜日

牛窓の古い町並みと自然豊かな前島をめぐる1DAY旅。焼きたてパンやおいしいコーヒーを味わい、青い空とさわやかな海風に癒やされながらのプチトリップが楽しめました。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事