大原美術館

おおはらびじゅつかん
日本初の近代西洋美術館で世界の名画を鑑賞

1930(昭和5)年に設立された日本初の私立西洋美術館。倉敷の文化発展に貢献した事業家・大原孫三郎によって創立されました。本館にはエル・グレコ作『受胎告知』、クロード・モネ作『睡蓮』、ルノワール、ゴーギャンなど、有名な西洋の名画が数多く展示されています。ほかにも、エジプト古代美術、西洋現代美術、日本近代・現代美術など約3,000点の美術品を収蔵。倉敷美観地区を訪れた際には、必ず立ち寄りたい観光スポットのひとつです。

【大原美術館の建物について】
設計者の薬師寺主計は、設立者である大原孫三郎が社長を務める倉敷絹織株式会社に入り、大原の片腕として同社や大原家が関係する数多くの建築物を手がけました。
玄関の巨大な柱は、一見大理石に見えますが実は鉄筋コンクリート造で、石の粉をモルタルに混ぜており、左官技術によって施されています。
建築家/完成年:薬師寺主計/1930年・分館 浦辺鎮太郎/1961年
見学・撮影について:館内撮影不可

エリア
備中
カテゴリ
美術館・博物館

基本情報

住所 〒710-0046 岡山県倉敷市中央1-1-15
電話番号 086-422-0005(大原美術館)
公式サイト
口コミサイト トリップアドバイザーで口コミを見る
営業時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日月曜日(定休日が祝日、振替休日と重なった場合は開館)、12月28日~12月31日、1月1日は本館のみ開館
※7月下旬~8月、10月は無休
料金大人1,300円、大学生800円、高・中・小学生500円
※本館、分館、工芸・東洋館に入場できます。
交通アクセス(車)山陽自動車道倉敷ICまたは、瀬戸中央自動車道早島ICから約20分
交通アクセス(公共)JR倉敷駅から徒歩約15分
駐車場美観地区周辺有料駐車場利用
付帯施設工芸・東洋館、分館、ミュージアムショップなど
写真ダウンロードURL観光写真ダウンロードはこちら

マップ

周辺スポットを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの近くでできること(体験)

このスポットから近い宿泊施設