決壊注意!? 思わずSNSに投稿したくなる岡山の三大河川ダムカレー

岡山県の三大河川「旭川」「吉井川」「高梁川」。その上流にある県北のまちで、ダムにちなんで提供されているご当地食材満載のダムカレーをご紹介。ダムによってもたらされる自然の恵みにも想いを馳せながら、地元色豊かなカレーを味わって。
掲載日:2018年06月15日
  • ライター:おか旅編集部
  • 6691 ビュー

にいみダムカレー(新見市)

高梁川の上流にある新見市は、6基もの主要ダムを有する全国的にも珍しい「ダムのまち」です。「にいみダムカレー」は、ごはんで築く堰堤の高さ約6cm、堰堤直下の減圧池には千屋牛、ピオーネ、キャビアをはじめとした新見市のA級食材を1点以上トッピングされています。市内の13店舗で提供(2018年5月末現在/http://niimiricecurry.jp)されており、千屋牛オムダムカレーやピオニーポークカツダムカレー、薬膳ダムカレーなど、個性豊かなカレーを楽しむことができます。
※写真は神郷温泉の「キャビア・チョウザメダムカレー」

とまたダムカレー(鏡野町)

吉井川河口から約90km上流の鏡野町にある苫田ダム。このダムをモチーフにしたカレーに出会えるのが奥津温泉の日帰り入浴施設・花美人の里内にある「Aelu」。古代米の一種・紫黒米と自家栽培の米で、苫田ダムの特徴であるジグザグになったラビリンス式のダムを築き、ダムの下には山菜や野菜の素揚げで農地を表現。はちみつ入りのマイルドなカレールウが注がれたダム湖にはあまごのフライがトッピングされています。鏡野町特産の姫とうがらし味噌で辛さを調節できる、町の自然と恵みが存分に味わえるカレーです。

湯原温泉ダムカレー(真庭市)

旭川の上流にあり、中四国最大のダム湖を擁する湯原ダム。そのダムの近くに建つ温泉旅館「八景」で食べられるのが、湯原ダム完成60周年にちなんで開発された「湯原温泉ダムカレー」です。ダム湖のカレールウは鶏のひき肉入り。ライスで作られたダムの反対側には素揚げのナスやレンコンなどで表現した露天風呂があり、うどんが添えられているのが特徴です。土・日・祝日を中心に提供されています。
マップを見る
ランキング  1 Week
テーマ
市町村
ライター紹介

同じテーマの記事

このライターの記事