通いたくなる!岡山のレトロな天然温泉は身体に「効く~!!」

良質の温泉が湧き出る岡山県各地には、身体に効くとして昔から地域の人に愛され、小規模ながら通う人が絶えない天然温泉がたくさんあります。その中でも、岡山市街地から車で行きやすいレトロな温泉をご紹介します。
岡山・池田藩のお殿様が治病の霊泉として使われた吉備中央町の「小森温泉」、足守藩の頃から栄えていた岡山市北区の「かしお温泉」、温羅伝説の鬼の怪我を治したと伝わる浅口市の「遥照山温泉」に行ってきました!
掲載日:2024年02月08日
  • ライター:高杉郁子
  • 32400 ビュー

1.小森温泉(吉備中央町)

岡山県吉備中央町にある、70周年を迎える「小森温泉」。江戸時代、備前藩主・池田綱政が治病のため通ったとされ、領内唯一の治湯場として賑わったそうです。湯元に清水が混入して一度はさびれましたが、昭和28年、戦後の温泉復興運動でボーリングを行い、再び良質多量の温泉が湧き出て以後、永く「池田家ゆかりのいで湯」として親しまれています。

長い廊下とレトロ感満載の空間

玄関を入って長い渡り廊下を進むと奥に受付があります。玄関から受付までは無人なので、「おじゃまします~」と言いながらスリッパに履き替えて進みました。途中、川を渡る廊下からは沢の水が流れているのが見え、さらに長い廊下を進みます。至る所に昭和のなごりを感じ、フロアに置いてある肩もみ機は懐かしさを感じました。お風呂は階下に降りた沢に近い位置にあります。川を眺めながら休憩できるスペースもありました。

脱衣所

「女湯」の扉を開けて階段を下ると脱衣所があります。オープンスペースなので、貴重品はフロントで1,000円を預けて鍵をもらい、自分でフロアにあるロッカーに入れ、鍵を返すと返金されるシステムです。

明治時代に作られた岩風呂

湯船は明治時代に作られた岩風呂で、熱めのお湯(約42度)とぬるめのお湯(約40度)に分かれています。

かけ流しの天然温泉で、温泉治療上、慢性関節リウマチ、慢性筋肉リウマチ、神経痛、神経炎、骨及び関節等の運動器障害、外傷性障害の治療法、疲労回復などに効果的だそうです。

長時間湯船に浸かると湯あたり、脳貧血を起こすことがあるので入浴時間は短めにし、入浴後は休憩をして帰られるのがおすすめです。泉質は、アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)で、湯上り後はお肌がすべすべになりました。オーナーさんのお肌がとてもきれいなので、通いたくなりました。

【小森温泉】
所在地:岡山県加賀郡吉備中央町小森245
TEL:0867-34-0015
営業時間:平日11:00~16:30(15:30受付終了)、土・日曜日11:00~18:00(17:00受付終了)
※日により変更有
休業日:水曜日、第1・3金曜日 ※日により変更有
入浴料:大人630円、子供450円(3歳~小学生)
駐車場:あり
 

小森温泉の湯元

すぐ近くに湯元があります。一羽の鷺がここで傷を癒し飛び去るのを見て温泉が発見されたと言い伝えられています。この湯元近くの「経プロ山」という丘に、古くから薬師堂があることからも治湯の霊泉として親しまれたことがうかがえます。湯元は立ち入り禁止なので、遠目にシャッターを切りました。

【小森温泉の湯元】
所在地:岡山県加賀郡吉備中央町小森

2.かしお温泉(岡山市)

岡山市北区にある「かしお温泉」。文政年間、作物不作の年があった時、年貢は普段と変わらず厳しく取り立てられましたが、「かしお温泉」の一角だけが米も麦も早く豊かに熟していたそうです。不思議に思った庄屋が足守藩主に伝えて、真偽を確かめるため、足軽を使って掘らせたのが始まり。現在も当時の木枠が残り、湯の花も昔と変わらず白い花を咲かせ、大正時代には最上温泉旅館として栄えたそうです。現在は入浴のみですが、地域の人に愛され続けています。

かけ流しの温泉

お湯は、かけ流しの温泉で、一般的には神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性に効果的。療養としては、高血圧症、胆石症、慢性婦人化病、痛風、動脈硬化症、慢性胆嚢炎、慢性皮膚病に効果ありとされています。

天候によって硫黄の香りが強い日もあり、天然温泉だということを感じられます。疲れている時ほど、湯上り後の爽快感がよくわかり、お肌もスベスベになります。やはりこちらのオーナーさんのお肌もきれいでした。

脱衣所

脱衣所はオープンスペースなので、貴重品は廊下にある鍵付きのロッカーへ預けます。

休憩所

休憩所は2ヵ所。くつろいだり、髪を乾かしたりするスペースがあり、ドライヤーも設置されています。かなり広いお部屋です。

家族風呂

貸し切りで入浴されたい場合は、予約制の家族風呂も使えます(2,500円)。

【かしお温泉】
所在地:岡山県岡山市北区粟井2224-2
TEL:086-295-1548
営業時間:10:00~18:30
定休日:火・木・金曜日
入浴料:入浴1回800円、入浴2回1300円、家族風呂1回2,500円(要予約)
駐車場:あり

3.遥照山温泉

岡山県浅口市、遥照山(ようしょうざん)の頂上に、「遥照山温泉」があります。昔、鬼が住んでいたという遥照山に、ある日、吉備津彦命が鬼退治にやってきたそうです。鬼は矢が当たると逃げて、温泉に入り、すぐ元気を取り戻し戦いに加わりました。吉備津彦命はその温泉をつきとめ、湯元を埋めて鬼退治をしたのだそうです。こうして温泉は冷泉となりましたが、「病気に効く」と今も人々に親しまれています。

一般的には、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消火器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進に効果的とされ、療養には、痛風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性皮膚炎、アトピー、慢性婦人化病によいそう。特に、皮膚病、神経痛には特効があるとされています。

レトロなフロア

お金を払う受付があったり、くつろいだりできるレトロな雰囲気のフロアです。

温泉

広い湯船でした。シャワーのついた洗い場はありますが、石鹸やシャンプー類は無いのでご持参ください。タオルと石鹸は受付でも買えます。湯上り後は、やはりお肌がすべすべになりました。寒い日でしたが、湯上り後の身体のぽかぽか感が一日続き、体の芯まで温まった感じがしました。こちらもやはりオーナーさんのお肌がきれいでした。

脱衣所

脱衣所にロッカーがあるので、荷物を入れて鍵を持ってお風呂に入りました。ドライヤーは無いので必要な方はご持参ください。

霊泉

霊泉がすぐ近くにあります。「遥照山温泉」はもともと天台宗のお寺の境内の一角にあり、約10分歩いた高台には薬師堂もあります。

温泉水が買えるスタンド

「遥照山温泉」の駐車場には、温泉水の販売スタンドもありました。(4リットル100円、20リットル500円)

【遥照山温泉】
所在地:岡山県浅口市金光町上竹2545-2
TEL:0865-42-6611
営業時間:9:00~16:00(15:30受付終了)
定休日:月・火曜日(祝日の場合は営業)
入浴料:大人(中学生以上)500円、小人(中学生以下)250円、休憩(入浴料込)800円
駐車場:あり
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事