倉敷美観地区、カメラ女子おすすめのフォトスポットと新作スイーツ

カメラ女子2人で倉敷美観地区を巡ってきました。今回はフォトスポットがたくさんある倉敷アイビースクエアと、新しくなった倉敷館観光案内所へ行ってきました。
さらに話題の新作スイーツをハシゴ!岡山県産小麦を使ったオムレットがいただけるカフェ2MUG、大手まんぢゅうカフェ、いちごスイーツで行列ができていたおざきやへ。
ぽかぽか陽気に春の訪れを感じる倉敷美観地区。花よりだんご派の方も楽しめますよ。
掲載日:2020年03月30日
  • ライター:こばん(小林美希)
  • 1138 ビュー

倉敷アイビースクエア

インスタ映えが詰まってるスポット、倉敷アイビースクエア。春~夏は赤レンガに緑色の蔦が、秋は紅葉が美しいスポットです。冬は蔦は枯れていてシーズンオフと思われがちですが、建物の美しさは健在です。
倉敷アイビースクエアは、明治時代の倉敷紡績所(現クラボウ)の工場だった場所です。今はホテル、文化施設をあわせもつ複合観光施設となっています。
東側の正門か、美観地区のお店がたくさんある西側から入れます。今回は東側、ホテルの正門から紹介します。
入口の右手には、かわいいマンホールがあるのでご注目です。インスタグラムで見て気になっていたマンホールだったので、発見したときは「ここにあったのか!」とうれしくなりました。
建物の外を歩いて西側に抜けることも、建物の中(ホテルロビー)を通り抜けることもできます。
入口を入ると、ホテルのロビーがあります。レトロな内装が素敵です。
宿泊者でなくても、建物の中を通り抜けることができます。ロビーの先、大きな窓が並ぶ廊下も美しく、家具もおしゃれでときめきました。
建物の外に出て、広場でも写真撮影。季節によって蔦の色が変わるのが楽しみです。
こちらはホテルの西側にある洋館です。
人通りが多い道からひとつ奥(南側)に入ると、噴水があるんですよ。
こちらの窓は北側です。覗くポーズをとってみました。
倉敷アイビースクエアの敷地内、西側の出入り口付近にあるこちらが、人気のフォトスポット。
洋画家「児島虎次郎記念館」が2017年12月まであった場所です。「児島虎次郎記念館」は旧中国銀行倉敷本町出張所で2022年4月にオープン予定なのだそうです。
一面赤レンガで、タイムスリップした気分。ポートレートを撮るのが楽しい場所です。

倉敷館観光案内所

2020年2月にリニューアルオープンしたばかりの倉敷館観光案内所にも行ってきました。
こちらの洋風の建物は、1917年に倉敷町役場として建てられたそうです。無料休憩所になっており、自動販売機、コインロッカー、トイレ、休憩所、授乳室、おむつ交換台等があります。
2階にも上がれるようになっていました。この日は土曜日だったのですが、人があまりおらず、穴場かもしれません。
窓から美観地区の街並みと川が眺められる、とてもいいフォトスポットです。ちょうど結婚式のカップルが船に乗っておられました。

カフェ2MUG

ここからは、倉敷美観地区で見つけた新作スイーツの紹介です。
まずは今年の3月20日(金)にオープンしたばかりの「カフェ2MUG」。インディゴ染めのお店「このいと紡(つむぐ)」の奥へ進むと、その先にカフェが現れるという、隠れ家的ロケーションになっています。
内装もおしゃれ。
岡山県産の米粉を使ったオムレットがいただけます。備前焼の美しい器とともに現れました。
ふわふわの食感で美味しかったです。友人はラムレーズンを、私はチョコバナナをチョイス。
ほかにもイチゴやティラミスなどもありました。
甘酒ラテは、倉敷産の有機米で作られたものだそう。甘さがちょうどよくて癒されました。
そのほかの食材も地元のものをこだわって選ばれているそうです。
こだわりコーヒーのテイクアウトや、お土産に良さそうなお菓子もありました。

大手まんぢゅうカフェ

3月19日(木)、大手まんぢゅうカフェが倉敷美観地区にオープンしました。
大手まんぢゅうといえば、岡山を代表する銘菓。あんこを思いきり味わえるおまんじゅうです。
昔からある老舗のお菓子屋さんですが、カフェスタイルのお店は初めてなのだとか。
私たちは大手まんぢゅうソフトクリームと、あんこぱんをいただきました。
大手まんぢゅうソフトクリームは、あんことほんのり甘酒の香りがします。
あんこぱんは、あたたかいパンとあんこが相性抜群。あんこをたっぷり、思いきり味わえます。美味しい!あんこぱんは、美観地区の大手まんぢゅうカフェでしか食べられないメニューのようです。

おざきや

若者たちの行列ができていたお店「おざきや」。何を提供されているんだろうと思っていたら、今流行りのいちごあめでした。
昨年の夏ごろからぶどうなど、季節のフルーツあめを作っていて、この春はいちごあめをスタートされたそうです。
いちごあめは人気で時間がかかりそうなので、いちごが飾られたカラフルなおだんごと、かわいいタコをいただきました。
お店のメインは、ちくわやきびだんごだったようです。そちらもすごく美味しそうでした。
美味しいものを食べたり、風景を切り取ったり。春の陽気にあふれた倉敷美観地区を楽しむことができました。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事