訪ねてみたい!岡山のオモシロ建築おすすめ6選【現代編】

屋根そのものが階段!?溶け込みすぎるカフェに、クリティカルヒットな駅舎!?などなど。クセすご系からアート系まで。見つけて、知って、楽しめる現代建築まとめました。
堅さとやわらかさ。平家物語に、希少生物。何気ない建物1つにも、色んな「おかやま」が詰まっていますよ。安藤忠雄、磯崎新、SANAAなど。世界的建築家の作品も揃っています。
掲載日:2021年06月30日
  • ライター:おもとまちこ
  • 4962 ビュー

笠岡市立カブトガニ博物館(笠岡市)

銀色の半球体に、光る眼(複眼)!?丘の上の道から眺めると、間違いありません。カブトガニの形をしています!エントランス側は、尾(尾剣)になっているので、一見すると分かりませんが、海側からは良くお顔が見えますよ。恐竜公園入口の芝生も、ナスカの地上絵のようなカブトガニ型になっているので、見つけてみましょう。

高梁市成羽美術館(高梁市)

大名屋敷の石垣の残る通り沿いからは、全く想像の出来ない光景です。
鋭角なスロープ、水を張った田んぼのような曇りのない水庭。水面に映った自然や、己と、ゆっくり対話したくなる。おそるべし、世界的建築家・安藤忠雄作品です。流水の庭を眺めながら、成羽焼きカップでいただくコーヒー。在るがままの美味しさですよ。

Jテラスカフェ(岡山市/岡山大学津島キャンパス内)

水たまりのような?流線形のプロペラのような!?白く、軽い、屋根。透明なかべには町並みが映り込んで、景色と溶け合っています。銀杏並木や人々の暮らしの中。一般でも気軽に利用ができる、ボーダレスな空間ですよ。あのルーブル美術館分館の設計も担当した、世界的建築ユニット・SANAAの作品。くつろげてしまう、抜け感です。
Jテラスカフェ→http://jtcafe.jp/story/index.html

岡山西警察署(岡山市)

パルテノン神殿!?いえいえ、それだけではありません。市松模様にガラス窓など、素材の掛け算と不思議な遠近感でも、興味深い建物なんですよ。開放感ありすぎのピロティかと思いきや硬質な壁面。人間とはまさに表裏一体?東大工学部建築学科出身という有名建築家・磯崎新氏による、絶妙なデザイン。熟考し甲斐がありますよ。

井原駅舎(井原市/井原鉄道井原線)

駅前に設置された扇を覗くだけで、平家物語の逸話が体感できる!?
那須与一の弓矢にちなんだ駅舎です。ガラス張りの内部も広々空間の近代的建築ですが、構内踏切などローカル線ならでは姿勢も貫かれているんです。正射必中。弓の世界の言葉のように、正しく射れば必ず当たる(的を得る)!と、気持ちが鼓舞されるような駅舎です。

児島市民交流センター 交流棟(倉敷市)

ドーム屋根がまるごと太鼓橋!?実は階段状になっていて、イベント時には渡ることができます。天井裏には、和テイストな風俗画。全体的な造形デザインには、多くの世界遺産を遺したイタリアの建築家・パラディオの建築様式。と、多文化の架け橋のような、交流センターです。岡山の、自由で、独特な現代建築。楽しくめぐってみてくださいね!

マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事