大人の癒しドライブ。蒜山高原で「涼」を感じながらリフレッシュ

口を開けば「暑い」という言葉しか出てこない今年の夏。そしてマスクが暑さに拍車をかけます。まだまだ続きそうな暑さから逃れて、清涼感にひたりたい・・・。近くて涼しい避暑地、蒜山に、プチリゾートを求めて行ってきました。
メインストリートから少し離れた三座エリアは、緑の森林がきれいなエリアです。車でドライブしながら「涼」を感じれるおすすめスポットをご紹介します。
掲載日:2020年08月25日
  • ライター:高杉郁子
  • 849 ビュー

ひるぜんジャージーランド

見渡す限りの広い牧草地にジャージー牛が寝そべっている風景が印象的な「ひるぜんジャージーランド」。夏は、ヒマワリやフヨウの花が青い空によく映えます。残念ながら、こちらのヒマワリは、8月中旬ごろに終わっていますが、蒜山IC近くにある「道の駅風の家」周辺は、8月25日現在は見頃となっています。今年は、ジャージー牛とのふれあい体験は、中止となっていますが、蒜山ジャージー100%ソフトクリームを食べながら、のんびりジャージー牛を眺めるのも癒されますよ。

所在地:真庭市蒜山中福田956-222
TEL:0867-66-7011
営業時間:9:00~17:00(3月~12月)、10:00~16:00(1月~2月)
定休日:3月~12月は無休、1・2月は火・水曜日(1月2日・3日は営業)

ジャージー牛たちの癒しの風景

この日は連休だったので、レストランはたくさんのお客様でした。チーズフォンデュやジャージー牛ステーキが人気のようです。

ヒマワリがきれいでした

8月中旬ごろは、少し小高い丘でヒマワリが見頃でした。背の低いタイプのヒマワリでした。青い空にヒマワリの写真をとるカメラマンさんがたくさんいました。現在は、蒜山IC近くにある「道の駅風の家」周辺が見頃です。こちらは、茎が太くてかなり背の高いタイプのヒマワリです。

塩釜の冷泉

蒜山三座の真中、中蒜山(1,123m)の裾の谷間から湧き出る天然水、と聞いただけで行きたくなりました。東西12m、南北5m、面積約60平方メートルのひょうたん型で、最深部は1.9m、湧水量は毎秒300リットル、水温は年中11度前後と冷たいことからも冷泉と呼ばれる所以がよくわかります。
昭和60年には日本名水百選(環境省)に認定。今も変わらず地域約600世帯の生活用水として受け継がれています。

「涼」を体感!!

湧き出る水がどんなに冷たいか触ってみました。氷水に手を漬けているような感じです。

日本名水百選

冷泉から直接水を汲むことはできませんが、ひるぜん塩釜キャンプビレッジのロッジ横にある水くみ場から汲むことができます。塩釜の冷泉入り口にあるかき氷を食べたかったのですが、すでに売り切れでした。塩釜のお水を使った人気のかき氷だそうです。

涼しい森

塩釜の冷泉を囲む小さな森は、天然のクーラーが効いているようです。風が涼しくて心地よかったです。

蒜山倶楽部Nadja

木々の緑が美しい、蒜山三座。塩釜の冷泉から車で約5分の場所にあります。木々の緑が美しく、雑木林の中の樹木や山野草が茂る中にカフェがあります。季節ごとの森の美しさを眺めながら、美味しいものを頂き、ゆっくりとした時間を楽しむことができるカフェです。窓越しに眺めれる雑木林の風景が最高に贅沢です。

所在地:真庭市蒜山下福田1-303
TEL:0867-66-5433
営業時間:不定期営業(秋以降は閉めていることもあります)

大人が童心に戻れる中庭

オーダーしたものを待っている間、気になっていた中庭に出てみました。ハンモックに椅子シーソー。体験してみたくなりハンモックに・・・。
ハンモックから眺める天井の眩しい木漏れ日に時間を忘れ、心地よすぎて眠くなるころに、「できましたよ~」と声がかかります。中庭は、まるで秘密のフォレストのようでした。

美味しいスイーツ

蒜山のスイーツをひとまとめにしたメニュー、「欲張りデザート」を頼んでみました。(1260円税抜)もちろんアイスクリームは、ジャージーアイスクリームです。山ぶどうのジュース(840円税抜)は、一粒が小豆ほどしかない小さな山ぶどうです。その果実の美味しい果汁だけを絞り上げた、ワイン感覚で飲む大人のジュースだそうです。美味しかったです。
オーナー奥様のおすすめは、7種類のフルーツをガラスポットの中でコトコト煮込んで五感で味わうフルーツティーだそうです(1580円税抜)。次回はトライしてみたい一品です。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事