ウォーキングバイシクルで行く!「井原デニムスクエアガーデン」の旅

2020年4月に開店した、「井原デニムスクエアガーデン」。オープン当初は緊急事態宣言のさなかで、行きたいのに行けず、やっと行くことができました。総社駅から井原鉄道に乗り、井原駅で下車。無料のレンタサイクル、「ウォーキングバイシクル」を借りて、井原市中心部のレトロな商店街、「デニムストリート」を約20分走ると、おしゃれな「井原デニムスクエアガーデン」がありました。往復40分の「ウォーキングバイシクル」は、とてもいい運動になりました。少し肌寒い日でしたが、春の三密回避のお出かけにおすすめです。
掲載日:2021年02月15日
  • ライター:高杉郁子
  • 873 ビュー

総社駅から井原鉄道で出発~!!

総社駅から「井原鉄道」初乗車。途中、高架を走る井原鉄道。車窓にはのんびりとした風景が流れていきます。西日本豪雨災害からの復旧が進む真備町の様子も見ることができ、感慨深いものがありました。

井原駅に到着。まずは「ウォーキングバイシクル」をレンタル!

約40分の電車の旅で井原駅に到着。改札を抜けて目に飛び込んできたのが「ウォーキングバイシクル」でした。
まさに探していた相棒!!笑。しかも無料!普通の自転車もありましたが、せっかくなので「ウォーキングバイシクル」の赤をセレクトしました。ピンク、ゴールド、オレンジなどもありました。この「ウォーキングバイシクル」、なんと電動アシスト付きです。
<井原市観光案内所>
所在地:井原市七日市町944-5
TEL:0866-65-0505
営業時間:9:00~17:00
休業日:年末年始

ウォーキングバイシクルで出発~

井原市観光案内所で乗り方説明を受けて、「井原デニムスクエアガーデン」までの観光パンフレットをもらい、出発~!GO~!お天気も快晴で私のワクワク感は最高潮でした。案内してくださった職員さんに「公道を走ってね~」と言われ、当たり前のことかもしれませんが、このサイズの相棒で公道を走るのは結構スリルでした 笑。いろんな意味で。
ちなみに、井原駅舎は、源平の合戦で扇の的を一発で射落とした弓の名士「那須与一」にちなみ、駅舎が弓と矢をイメージしたデザインになっているそうです。そのため、受験の一発合格の聖地としても親しまれているそうで、駅構内には、受験一発合格のお守りガチャガチャがありました。
 

井原市民もガン見のウォーキングバイシクル!

観光案内所の方から頂いた地図のとおり、まずは正面の4車線の公道をGO~!
なぜか井原市民の方の視線、車道を走る車からの視線が???笑。横断歩道で止まったタイミングで、こちらを見ていた女性に話しかけてみました。「コレ、井原駅でレンタサイクルしたんですよ~」、すると「へ~っ?知りませんでした~!!」とのこと 笑。駅前周辺の市民の皆様にもまだまだ知られていない「ウォーキングバイシクル」のようです。そしてレトロな商店街に入りました。

レトロ商店街、「デニムストリート」を走り抜ける!

レトロな商店街をひたすら走り抜けました。この商店街一帯では、デニムにちなんだイベントなども行われ、「デニムストリート」と呼ばれているそうです。井原駅を出発した時は、ファー付きのコートを着ていましたが、だんだん暑くなり、途中でコートはかごの中に・・・。電動アシスト付きとはいえ、車体が重いので、自らの力が結構いることが分かりました。しかも座席がないので、終始、立ちこぎ状態です 笑。ロングスカートをはいてきたことを少し後悔の私でした。その後さらに暑くなり、長い髪の毛もゴムでくくりました。誰にも会いたくない姿です。

「井原デニムスクエアガーデン」到着

ひたすら走ること約20分。新町商店街通りの「デニムストリート」を抜けたところに「井原デニムスクエアガーデン」がありました。おしゃれな建物で、すぐにわかります。ウォーキングバイシクルには電動アシストが付いているとはいえ、かなり体力を消耗しました 笑。足と腰でペダルをこぐので、かなりいいエクササイズになります。
<井原デニムスクエアガーデン>
所在地:井原市1494-4
営業時間:ショップごとにインスタグラム参照

「AIIRO COFFEE STAND」でカフェ♡

とりあえずのどがカラカラになったので、取材前のひと休み。陽だまりのカウンターでステキな中庭を眺めながらのカフェタイムは、きっと女性に人気だと思います。「アイイロコーヒースタンド」というネーミングもステキです。
<AIIRO COFFEE STAND>
営業時間:10:30~17:00
定休日:木曜日、ほか不定休
TEL:なし

カフェタイムで癒しの時間♡

肌寒い日でしたが、汗だくになり、アイスオレンジティーとバタースカッチクッキーをオーダーしました。中庭をカウンターから眺めながらの時間は、癒されました。

デニム体験ができる「おのはなこ商店」

ショップに入ると、ステキな女性が出迎えてくださいました。企画、デザイン、縫製、販売まで一貫してされているおのはなこさんです。店内の小物、帽子、スヌード、バッグなどは、おのさんが作られた作品です。イヤリングなど、作家さんの作品も置いてありました。
<おのはなこ商店>
TEL:070-1875-6978
営業時間:10:00~18:00(最終受付16:00)
定休日:木曜日、ほか不定休

デニム作品作り体験

「おのはなこ商店」ショップ内で、デニムの作品を作ることができるそうです。おじゃました日は、インスタグラムを見て予約されたお客様が、デニムフラワーボールペンをつくられていました。ほかにも、デニムリース、デニムうちわ、クラッチバッグ、デニムパネル時計、デニムコサージュ、デニムミラー、デニム写真立て、BOXティッシュケース、トートバッグ、ダメージ加工体験、リベット打ち体験などがあります。(ご希望日の2日前までの予約制)旅の記念や、お土産におすすめです。

おしゃれなデニムセレクトショップ「ID&i」

見た瞬間に「ステキな藍色~!!」と思いました。その藍色を生かした井原発のブランド、「Moon Beat Quality」のインディゴ染めのニット製品は、見た目のデザイン性がおしゃれで、なんといっても風合いがステキでした。春に着たくなるニットが並んでいました。
<ID&i>
TEL:0866-84-1010
営業時間:10:30~17:00
定休日:木曜日、ほか不定休

ジーパンも、デニム雑貨も!!

店内には、ジーパンからデニム小物雑貨まで幅広く置かれていました。

宿泊もできます!!「IBARA DENIM HOTELS 舞鶴楼 別館」

井原デニムスクエアガーデンの2階には、4室の宿泊施設がありました。小田川を挟んで約200mのところにある、「IBARA DENIM HOTELS 舞鶴楼」の別館です。
Wi-Fi、テレビ、冷蔵庫、全室シャワーバス・トイレ(ウォッシュレット)完備
<IBARA DENIM HOTELS 舞鶴楼 別館>
宿泊:お一人利用時、7,500円(平日)、8,000円(休前日)
   お二人利用時、5,500円(平日)、6,000円(休前日)
   共に一泊朝食付き、税別

 
 

おしゃれな中庭

井原デニムスクエアガーデン2階のホテルからも眺められるおしゃれな中庭には、テーブルが用意されているので、ここでゆっくりくつろげます。
ひと休みして、井原駅に向けて、ウォーキングバイシクルの復路を頑張りました。
こぎ方のコツもつかめてきて、デニムストリートを駆け抜けました。工事現場のおじさんも笑いながら旗を振ってくれました 笑。帰りも、途中でコートを脱ぎ、髪をくくり、汗だくで井原駅に到着。大きな相棒にお別れです。また乗りに来たいです。

エキナカの「井原デニムストア」

井原駅構内にある、井原産デニムを使ったセレクトショップです。ジーンズはもちろんのこと、スーツ、作務着、下着、小物、生地、お菓子まで取り扱われています。デニムスーツは、きちんと感の漂う大人のカジュアルスーツでステキでした。生地を買って帰って、着物やバッグを作られる方も多いそうです。気軽に買えるデニムマスクもありました。
<井原デニムストア>
所在地:井原市七日市町944-5
TEL:070-5057-6070
営業時間:10:00~18:00
休業日:水曜日

水戸岡鋭治氏デザインの「夢やすらぎ号」で総社へ

帰りは、貸切でも利用できる「夢やすらぎ号」に乗車しました。この車両は、「ななつ星in九州」のデザインでも知られる水戸岡鋭治氏デザインの車両で、外装は夕焼けをイメージした茜色一色で、内装も天然木の温かみを活かしたデザインです。なんとしてもこの車両に乗るために、ウォーキングバイシクルを全力でこいだかいがありました。
乗車スケジュールは月ごとに代わるので、調べてぜひ乗ってみてください。

天然木のおしゃれなデザイン

車内はテーブルや座席、床、つり革の持ち手まで、天然木が使われていて、温かみが感じられるデザインです。

トラス橋と夢やすらぎ号

カーブをしながら橋梁にかかり、途中直線区間を経て、再度カーブをしながら高梁川を渡りきる全国でも珍しいカーブ鉄橋はすべて無塗装耐候性の鋼材のためサビたような風合いで、茜色の車両に映えます。橋に全くつなぎ目がないのも特徴です。高梁川にかかるトラス橋と「夢やすらぎ号」と夕焼けの写真はきっと写真映えするでしょう。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事