朝活のススメ!美味しいモノは産地にあり。おすすめ朝市5選

採れたて、できたて、美味しい朝市やってまーす!!地元ならではの食材やグルメなど盛りだくさん。お祭り気分で楽しめますよ!
掲載日:2017年11月30日
  • ライター:おもとまちこ
  • 3868 ビュー

京橋朝市(毎月第1日曜日)

熱々のラーメン、そばの誘惑、石窯ピザ、悩んでいる間にも陽は昇ります。骨まで柔らかい新見の清流育ちの¥「あまご」にちびっ子もかぶりつきです。
これぞ岡山の大食卓。つくる人と食べる人の熱量にしり込みしてはいられません。月と太陽をつづけて両方拝める朝5時の京橋。スッキリした気持ちで1日がはじまります。

津山宮川朝市(毎月第2日曜日)

太っ腹な社長さんのくじらの本皮の塊も、ふるさと宅急便を長年していたおばちゃんの手づくり生こんにゃくも、とっても大きいです。南米の遺跡のような朝の雰囲気もたまりません。
紫芋を焼き芋にしてからの作っている「ききつち」のおいも×クリームパン。皮を石窯で焼いた「雪bolo」のシュークリーム。手間をおしまず丁寧に作られたものが宮川沿いにつどいます。

真魚市(毎週日曜日)

港直結、漁協直営、自信の〈活き〉です。お客さんも目利きに真剣。大型観光バスもやってきて、殻付きカキがごろんごろん山積みの中、上野アメ横ばりの人混みです。
沖からあがりたて、揚げたてをハフハフしながら、瀬戸内の島々をながめれば、港情緒も五つ星。岩塩やガーリック塩など好きな塩味が選べる名物「イカ天」は並ぶ時間まで計画しましょう。

児島駅前三白市(毎月最終日曜日)

[有漢もり川]さん初代命名『ちょぼ蒸し』。竹皮に包まれたおこわです。せいろ越しに、ガハハと笑う三代目の心意気とうけつがれた旨味がギュウっとつまってます。もっちもちです。
製麵所打たて「うまし」麺。玉島の有名お菓子処の銘菓半額。地元高校生が元気にスイーツ販売。笑いとお得とイベントいっぱいの朝市です。※2017年12月は1週早い12/24開催

水島朝市withフリーマーケット(毎月第2,4日曜日)

軽トラの魚屋さんが旬を運んできます。鮮度の良さは一目瞭然、朝採れママカリの美しいこと。フリマでは骨董やアンティークの掘り出し物も見つかりそうです。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事