棚田を見渡す爽快テラスでカラダが喜ぶ料理と田舎時間を

限界集落と言われている久米南町のとある地域に、週末多くの人が訪れる場所があります。それが古民家を改装したカフェ。棚田を見渡せる開放的なテラス席に座って食事をするだけで、簡単に手に入る心休まるひととき。毎日を忙しく過ごしている人に教えたい、とっておきの「田舎時間」が待っています。
掲載日:2021年09月10日
  • ライター:おか旅編集部
  • 1486 ビュー

2021年8月にリニューアルオープン!

2017年に築70年の古民家を改装してオープンした「棚田テラス 籾庵」。2度の改築や増築を経て2021年8月、メニュー&空間ともに装いを新たにリニューアルオープンしました。窓がフルオープンになる新しいテラス席に座ると、眼下に広がるのは青々とした棚田。初秋と言えどもまだ日中は暑さを感じる9月の昼下がり、静けさの中に自然の音だけが聞こえ、涼しく心地良い風が吹き抜けます。

住所:久米南町上籾1300
TEL:080-9684-6019
営業日:木・金曜日(12:00~16:00)、土・日曜日(10:00~16:00)
※ラストオーダー15:30

 

地元の野菜と発酵食、特産品を使ったこだわりメニュー

お店の料理のコンセプトは「体に優しく、免疫力を高める食事」。地元の野菜と発酵食、特産品の柚子や果物を使用した、こだわりのメニューが揃っています。一番人気は甘酒ドレッシングや自家製塩麴を使った「自然栽培のお野菜と発酵定食」(2,000円/要予約)。ほかにも、辛さを一味山椒で調整できる、スパイスの調合からこだわった「和風薬膳カレー」(1,500円)や、リニューアル前から人気の、自家農園で収穫した自然栽培の大豆を使った手作りの豆腐付きの「おにぎりセット」(1,500円/1日20食限定)もおすすめです。

気軽なカフェ利用やペット同伴のBBQもできる

久米南町産の柚子ジャムを入れると綺麗なバイオレットに色が変わるソーダや、ゆず茶、自家製甘酒、豆乳のカタラーナなど、ドリンクやスイーツメニューもあるので気軽なカフェ利用もOK。また、土・日曜日限定のペット同伴で食事を楽しめる「上籾BBQプラン」(大人3,500円~)ではテント席を用意。多様な使い方ができるようになりました。

棚田の再生と限界集落からの脱却への想いがもたらした嬉しい変化

この魅力的なスポットが生まれたきっかけは、「棚田の再生と限界集落からの脱却を」という人々の想い。想いを共にする地元の農家とパソナグループが協同で運営する「上籾みろく農場協議会」が、11,000平方メートルの耕作放棄地を復元して美しい棚田を蘇らせました。この活動が新たな土地の魅力を引き出し、「食」という身近な体験を通して伝えることで、上籾地区に訪れる人の流れに今、嬉しい変化をもたらしています。里山の風景に癒され、その土地で育まれた食をじっくりと味わう。そんな豊かな時間の使い方を教えてくれる農村で、憩いのひとときを過ごしてみませんか?
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事