倉敷駅前NEWスポット!!「あちてらす倉敷」

JR倉敷駅の南にできたNEWスポット「あちてらす倉敷」で、話題の飲食店に行ってきました。倉敷市新田で人気の「72cafe」を手掛けた意匠堂の建築デザイナー和泉尚志氏がプロデュース、水島コンビナートをモチーフにした「KOMBINĀT」や、オール薬局(呉市)が運営する「オールカフェ」と「タニタカフェ」(東京都)のコラボカフェ、「オール薬局×オールカフェ×タニタカフェ」など魅力的なお店が揃っています。また、初めてのクリスマスを迎える「あちてらす倉敷」は、周辺の倉敷みらい公園、三井アウトレットパーク倉敷、アリオ倉敷と共に、「くらしききらめきのみち」灯りプロジェクトにも参加していて、昼と共に夜のイルミネーションも楽しめます。
掲載日:2021年12月07日
  • ライター:高杉郁子
  • 4247 ビュー

Club&Restaurant「KOMBINĀT」の魅力 ①完全セルフ型モバイルオーダーシステム

倉敷市新田の「72cafe」を運営する、「意匠堂」の建築デザイナー和泉尚志氏が、倉敷市の「水島コンビナート」をモチーフに、遊び心たっぷりにデザイン、プロデュースしたClub&Restaurant「KOMBINĀT」に行ってきました。国内初、完全セルフ型モバイルオーダーシステムを導入していて、店内に入ってまずすることは、スマートフォンにアプリをダウンロードすることでした。アプリを通して注文をオーダーし、番号のついたランプを持って好きな席に行きます。アプリにお知らせが来たら自分で取りに行き、帰るときには、片付けも自分でします。さらに、完全キャシュレス決済なので、スマホがあればとても楽に完結できました。「不便」を楽しむこのシステム、慣れればとても便利なシステムです!スマホに不慣れな方でも、スタッフさんが丁寧に教えてくださいますので、聞いて慣れてくださいね。

Club&Restaurant「KOMBINĀT」の魅力 ➁店内が水島コンビナートのアトラクション

お店の暖簾をくぐる前にまず目にとまったのが、外壁の鉄の壁でした。そして暖簾をくぐると、吹き抜けに広がる近未来的な空間が奥に広がっていて、うす暗い中にネオンがキラキラしていて、引き込まれました。この雰囲気は、倉敷市の水島コンビナートをイメージしています。なぜコンビナートなのか?地元では当たり前のコンビナート、実は、様々な表情を持っていて、昼間の風景のみならず、夜は色とりどりの幻想的なイルミネーションのようでもあります。横浜市では、コンビナート夜間遊覧観光が人気なように、倉敷市に訪れた人が、新たな魅力発見をして、観光の足を広げて欲しい、新たな観光の楽しみ方を提案していきたい、そんなデザイナー和泉尚志氏の熱い思いが伝わってきました。

お座敷も!!

コンビナートの空間に、お茶室を思わせる、天井の低い座敷の空間もあり、デザイナーの遊び心が感じられます。店内は、初めて目にする空間、目にしたことのあるなじみ深い空間、まさに映画のワンシーンのように席ごとに雰囲気を楽しめます。雰囲気ばかり追いかけて、上ばかり見ていると、コンビナートの階段でつまずくので気を付けてくださいね。

トイレもコンビナート風

トイレも気になって覗いてみました。期待通りの、コンビナート感漂う面白いトイレでした。

Club&Restaurant「KOMBINĀT」の魅力 ③昼も夜も楽しめる本格的なCAFE&SWEETS

ランチとディナーでお料理のジャンルが180度変化して、ランチはお茶漬けがあったり、ディナーは、こってりとしたお肉料理だったり、どれも食べてみたくなるラインナップです。パスタとピザは人気メニューで、ピザは、テイクアウトそのままの箱に入って渡されます。SDG;Sに配慮した木くずのペレットを使って本格的な窯で焼いたピザは、美味しかったです。食べきれなかったので、そのまま箱に入れてテイクアウトできるのも合理的です。店前のオープンテラスのこたつ席で熱々のピザは、アウトドア気分で足元ぽかぽかで、まさにアトラクション気分で美味しいピザを頂けました。自分で運んで片づけるフードコートのようですが、お味はかなりハイレベルでした。いろんな意味で、すべてが楽しめるお店です。

Club&Restaurant「KOMBINĀT」の魅力 ④デザートも充実

お店の前のテラス席、こたつ席は市役所通りを歩いていて、思わず立ち寄ってみたくなる雰囲気です。道に面したテラスがあまりないのでとてもうれしく感じました。ストリート感とオープンカフェを楽しめます。テイクアウトカウンターも目の前にあり、スイーツもドリンクもアルコールもおしゃれで充実しているのでおすすめです。お土産にもテイクアウトがいいかもしれません。写真は、カヌレと抹茶ティラミス。寒い冬は、ホットワインがおすすめだそうです。

【Club&Restaurant「KOMBINĀT」】
所在地:倉敷市阿知3-9-1 あちてらす倉敷北館124
TEL:086-454-5000
営業時間:11:30~24:00(ランチ11:30~14:00、ディナー18:00~23:00、ラストオーダー23:00)
定休日:木曜日
 

「キキメシ6」

Club&Restaurant「COMBINĀT」の姉妹店が、「あちてらす倉敷」の裏通りにオープンしました。こちらも基本セルフ、完全モバイルオーダーシステムです。外国人観光客を意識してデザインされていて、店内入ってすぐに足元を泳いでいる赤い金魚にびっくりしました。歌舞伎や影絵の要素もたくさん取り入れていておしゃれです。韓国フード、お寿司、焼き物など、お好きなフードをいろいろ頼めるようになっています。

「オールカフェ×タニタカフェ」の魅力 ①調剤薬局「オール薬局」がプロデュースしたカフェ

調剤薬局「オール薬局」が「タニタカフェ」とのコラボレーションからプロデュースした「オールカフェ×タニタカフェ」に行ってきました。健康であるためには、無理なくできるバランスの良い食生活が大切との考えから、「タニタカフェ」のメニュー・ノウハウに、調剤薬局「オール薬局」がプロデュースした「オールカフェ」のエッセンスを加え、ココロもカラダも喜ぶメニューが揃っているカフェです。建物1階には、調剤薬局「オール薬局」、プロ仕様の測定機器を備えた「オールラボ」、カフェの「オールカフェ×タニタカフェ」が並んで入っています。

「オールカフェ×タニタカフェ」の魅力 ➁充実のメニュー

ランチメニューの中から、パスタランチをオーダーしました。この日は、カキを使った大葉とレモンのタリオリーニでした。前菜プレートと焼き立てのパンが付いています。パスタは、全粒粉を使ったパスタで、歯ごたえのある美味しいパスタでした。旬のカキが、レモンと大葉でさっぱりとしたお味で、パスタに絡まっていました。
食後には、ドリンクとケーキもついています。店内は広々としているので、ゆっくりとくつろげます。

「オールカフェ×タニタカフェ」の魅力 ③無料で測定!!管理栄養士が常駐する健康測定ブース

食事を頂いて、お会計を済ませた後、レシートを隣の「オールラボ」に持っていくと、お好きな計測2機種が無料で受けれます。体組成計、体内AGE,s測定装置、骨健康度測定器、血管年齢測定器、脳年齢測定器などがあります。
私は、体組成計で、体脂肪率・脂肪量・筋肉量など、体の中の分かりにくい数値を可視化してもらいました。もう一つは、脳年齢測定器で、ゲーム感覚で脳年齢を測定してもらいました。また、管理栄養士による健康プログラムも利用できます。

【オールカフェ×タニタカフェ】
所在地:倉敷市阿知3-13-1
TEL:086-424-6670
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー22:30)
店休日:月曜日
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、当面の間、短縮営業11:00~22:00(ラストオーダー21:00(ドリンク21:30))

ホテル グラン・ココエ倉敷

倉敷ステーションホテルが移転し、和の雰囲気の中、スタイリッシュに生まれ変わりました。152室の客室と、最大200人収容の宴会場、会議室、日帰り入浴もできる半露天風呂も備えています。エントランスは、美術館を思わせるデザインです。

「くらしき白壁」

ホテルの利用者だけでなく、一般のお客様も利用できる和食レストラン「くらしき白壁」に行ってきました。店内にはいけすの中を魚が泳いでいて、新鮮な瀬戸内の魚が頂けます。落ち着いた店内でゆっくりと美味しい懐石料理がいただけます。
【くらしき白壁】
所在地:倉敷市阿知3-9-1 ホテル グラン・ココエ倉敷1F
営業時間:11:30~15:00、17:30~22:00
定休日:第2水曜日の昼・夜(祝日または祝前日の場合は営業)

キッチンカー「森のくまさん」

イルミネーションのきれいな中庭に、テイクアウト専門のキッチンカー「森のくまさん」がひときわ目を引きます。くまさんが目印です。ハンバーガー、ドリンク、唐揚げなどが美味しそうでした。

イルミネーション「きらめきのみち」

倉敷駅前の新たなイルミネーションスポットが登場しました。倉敷みらい公園、三井アウトレットパーク倉敷、アリオ倉敷のイルミネーションと共に、中心市街地灯りプロジェクト「きらめきのみち」に参加しています。2022年2月14日まで点灯。

くらしき きらめきのみち

開催期間:2021年11月3日(水・祝)~2022年2月14日(月)
開催時間:17:00~23:00
開催場所:倉敷みらい公園、JR倉敷駅北ペデストリアンデッキ、JR倉敷駅南デッキ・花時計、あちてらす倉敷
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事