大人もワクワク!昔懐かし駄菓子屋さん6選(岡山市・倉敷市編)

大人も子どももワクワクしちゃう昔懐かしい駄菓子屋さんをご紹介!
子どもの頃に食べていたお気に入りの駄菓子を大人買いしたり、子どもは決められた金額まで計算しながら駄菓子を選んだり・・・。
子どもはもちろん、大人も楽しめる駄菓子屋さん♪
童心に帰って楽しんでみてはどうでしょう?
掲載日:2022年06月21日
  • ライター:松原宏美
  • 2468 ビュー

1.川相商店(岡山市)

岡山市南区藤田にある駄菓子屋さんです。
ここはなんと、元巨人軍の川相選手のご実家でもあります。
お店の中には選手の写真や色紙などが飾られてファンには聖地になっているようです。
店内は撮影禁止の表示がありますが、きちんと許可を取れば大丈夫です。
店内には選手の写真だけではなくお客さんの写真もズラリ。
みんなとてもいい笑顔で写ってます。

【川相商店】
所在地:岡山市南区藤田685-7
営業時間:10:00~18:00
定休日:不定休
駐車場:少し離れた場所にあり

2.だがしや小町 本店(倉敷市)

倉敷市にある駄菓子屋さん!
総社市の『リブ21』にも店舗があります。
店内には駄菓子や玩具がずらりと並んでいて何を買うか凄く悩んでしまいました!
よく買う駄菓子も味の種類が多く見ているだけでも楽しい!
昔ながらの手作り飴の製造もされています。
こちらのお店は、キムラヤのパンや自家製クリームなども売っていましたよ!

【だがしや小町(本店)】
所在地:倉敷市吉岡348-6
TEL:086-425-7702
営業時間:平日9:00~18:30、日曜日・祝日10:00~18:30
定休日:原則 第2.4日曜日
(時期によって変わるのでHPをチェックしてください)
駐車場:店前にあり

3.もとふじ商店(倉敷市)

こちらは駄菓子屋カフェでもあり、店内で駄菓子を食べることが出来ます。
昭和レトロな雰囲気の中で駄菓子を楽しめます。
当り付きお菓子やくじを楽しみました!
ちゃぶ台が昭和レトロな雰囲気出してます。
大人には懐かしく、子供には新しいワクワクな空間です!
昭和の雰囲気を作り出した駄菓子屋さん。

【もとふじ商店】
所在地:倉敷市老松町3-11-12
TEL:086-424-6024
営業時間:11:00~18:00
定休日:不定休
駐車場:店横に1台

4.江陽(岡山市)

こちらは奉還町商店街の中にある看板猫さんがいる駄菓子屋さん!
私が行ったときは残念ながら会えませんでしたが、気まぐれに現れるみたいなので会えた方はラッキー!
昔は雑貨屋さんだった駄菓子屋さんです!

【江湯】
所在地:岡山市北区奉還町2-4-15
営業時間:9:30~18:00
TEL:086-252-0619
定休日:なし
駐車場:なし

5.だがしやはなまる(岡山市)

こちらのお店は、2年程前に出来た西大寺の住宅街にある小さな駄菓子屋さんです。
子どもだけで、買い物出来るように手作りの計算表が壁に貼っているので、自分で計算するのが難しいお子さんもわかりやすくなっています。
子どもが遊びながら学べる素敵なお店でした。
住宅街なので車で行く場合は気を付けて行ってください。
お店の中は土足禁止で、小さいお店なので大勢は入れません。
駄菓子購入後の袋がチラシで作った袋なのも、駄菓子屋さんの雰囲気にピッタリです。

【だがしやはなまる】
所在地:岡山市東区西大寺射越365-50
営業時間:2022.6.13からしばらくは、平日15:00~17:00、土・日曜日10:00~12:00、15:00~17:00
駐車場:店前にあり

6.坪井商店(岡山市)

こちらのお店は、元お笑い芸人の『ブルゾンちえみさん』やプロゴルファーの『渋野日向子さん』が通ったことで有名になった駄菓子屋さんです。
久々に行くと店の前の建物が変わっており、聞くと、西日本豪雨の被害があったというので、お店は大丈夫だったのか尋ねると、お店も商品が全部浸かりお店をやめようかと思っていたそうです。
そんな時に、子供の時から来てくれていたお客さんが「大丈夫?お店続けて。」とお店に来てくれて、仲間を集めて片付けを手伝ってくれ、無事再開されたそうです。
今はまた、たくさんのお客さんで賑わっていました。
地域の人に愛されているからこそ長く続くお店なんですね!
お店の雰囲気が昔懐かしく、とても素敵な駄菓子屋さんでした。
会計の計算はそろばん!

【坪井商店】
所在地:岡山市東区東平島1315
営業時間:平日13:00~19:00、土・日曜日、祝日10:00~19:00
定休日:不定休
駐車場:お店の前を過ぎて右折後すぐあります。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事