手土産にも!ピーポーが認めた水島臨海鉄道「認定商品」7選

倉敷市の中心部と水島地域を約10kmにわたって結ぶ鉄道「水島臨海鉄道」。
「ピーポー」という愛称は、開業当時、蒸気機関車だったころの発車の汽笛音が由来なのだとか。
地域に愛される水島臨海鉄道の「認定商品」を見つけたので紹介します!駅から徒歩5分圏内のお店ばかりなので、列車に揺られて水島を巡ってみませんか。
掲載日:2022年08月17日
  • ライター:こばん(小林美希)
  • 2336 ビュー

水島臨海鉄道「認定商品」とは

沿線地域を一緒に盛り上げたいという思いから誕生した、水島臨海鉄道「認定商品」制度。水島地域のお店の自慢の品を「認定商品」とすることで、県内外のたくさんの人に知ってもらおうとPR中です。
水島臨海鉄道の列車がモチーフになった商品や、連島生姜・連島ごぼう・連島れんこんなどの特産食材が使われている商品もありますよ。
今回の記事では私が見つけた7つの水島臨海鉄道「認定商品」を紹介します。

1.ピーポーようかん(御菓子司 清正堂)

常盤駅から歩いて約3分、水島商店街にある昭和23年創業の和菓子屋「御菓子司 清正堂」。
おまんじゅう、わらび餅などのほか、連島の蓮根を使った「蓮の夢」・「はすね」といった和菓子も並びます。
水島臨海鉄道「認定商品」は、「ピーポーようかん」。私は4個入り(630円/ひとつ145円)を購入してみました。煉りようかんと抹茶ようかんがあり、組み合わせは自由とのこと。パッケージには、ほほえましい水島臨海鉄道「キハ」のイラストが。倉敷美観地区と水島工業地帯を結んでいるイメージでしょうか。
子どもの手のひらサイズのようかんです。食べたあと、連結して走らせて遊ぶことができますね。
中からは昔懐かしの袋入りのようかんが登場しました。一口サイズでつるんと、ほど良い甘さ。抹茶ようかんは抹茶の香りがしっかりあり、美味しかったです。

【御菓子司 清正堂】
倉敷市水島東常盤町13-7 
TEL:086-444-8334
営業時間:8:00~18:00(日曜祝日8:00~17:00)
定休日:不定休

2.みずりん最中(嶋屋製菓栄堂)

昭和25年創業で平成29年に惜しまれながら長い歴史に幕を降ろした「和洋菓子司弥生堂」。その味と歴史を伝承し、平成30年に開店したのが「嶋屋製菓栄堂」です。栄駅から歩いて約3分のところに店舗があります。
店内には弥生堂の頃からの「源平最中」、栄堂かすてらなどの銘菓のほか、3Dプリンターの技術を駆使して作る「ロケット最中」や「くるま最中」も並びます。
水島臨海鉄道「認定商品」は、「みずりん最中」(6個入り1,000円)。水島臨海鉄道をイメージしたパッケージ箱は、食べ終わったら、走らせて遊ぶことができますよ。
車両の絵柄や水島臨海鉄道のロゴがプリントされた個包装の最中が6種類、入っています。描かれている列車は、DD60形式、キハ-30形式、キハ-37形式、キハ-38形式、MRT300形式。
とても細やかにプリントされており、食べるのがもったいないほど。
大納言小豆で作るほっこりした赤あんと、北海道産白小豆で作るなめらかな白あん、2種類の味が楽しめます。

【嶋屋製菓栄堂】
倉敷市水島西栄町8-2
TEL:086-448-0001
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日

3.ピーポー弁当(ハウスひなたぼっこ)

3つの水島臨海鉄道「認定商品」を手に入れることができるのが、就労継続事業所でもある「ハウスひなたぼっこ」です。弥生駅から徒歩約4分のところに店舗があります。
水島臨海鉄道「認定商品」ひとつめは、「ピーポー弁当」(430円)。毎週水曜日に発売しています(予約がおすすめです)。水島地域の特産食材、ごぼう、蓮根、生姜を使用したお弁当です。
注目は、列車の形になったおにぎりでしょう。車輪にみたてたレンコンチップスが独創的! なんと、小学生が考案したのだそうです。
おにぎりはしょうがの香りがいい混ぜご飯。美味しくてかわいらしいお弁当です。

4.臨カリッごぼうスティック(ハウスひなたぼっこ)

ハウスひなたぼっこ、ふたつめの水島臨海鉄道「認定商品」は、「臨カリッごぼうスティック」(100円・要予約)。ネーミング通り、カリッと香ばしい焼き菓子です。
連島ごぼうをたっぷりと使用しており、カリッとかじるとごぼうの風味が感じられます。健康にもよさそうなお菓子です。

5.連島生姜のあまざけーき(ハウスひなたぼっこ)

「連島生姜のあまざけーき」(120円・要予約)も水島臨海鉄道「認定商品」。連島産のしょうがと甘酒が入った、ちょっと和風スパイシーなケーキです。
しょうがとごまの風味がたまらない、しっとりとした美味しいケーキでした。

【ハウスひなたぼっこ】
倉敷市水島東弥生町12-5
TEL:086-446-4061
営業時間:11:00~16:45
定休日:土日祝日

6.ピーポーぷりん・ジャンナぷりん(洋食こころ屋)

常盤駅から徒歩2分のところにある洋食屋こころ屋が作る「ジャンナぷりん」は、白桃プリン、倉敷ごぼうプリンなど種類豊富で、WEBショップで購入できる人気の手土産です。洋食屋こころ屋での購入も可能です。
水島臨海鉄道「認定商品」のプリンもあるんですよ。それが「懐かしい ピーポーぷりん」(350円)です。第2・4土曜日に主に販売しています。(予約がおすすめ)
パッケージには、水島臨海鉄道「キハ」が描かれています。
昔懐かしのちょっと堅めのプリンに仕上げているのだとか。下の方には香ばしいカラメルがあり、そこも懐かしいポイント。たまごとクリームの濃厚な甘さがたまらない、コクのあるプリンです。ほかのジャンナプリンも食べてみたくなりました。

7.ごぼうおからクッキー(洋食こころ屋)

洋食屋こころ屋の店頭で見つけたもうひとつの水島臨海鉄道「認定商品」が、「RINTETSU GOBO-COOKIES」(550円)です。
倉敷ごぼうプリンを作るときに出るごぼうの搾りかすを使っています。「おいしく、健康にもいいから捨てるのはもったいない」とSDGsの観点から誕生しました。
国産大豆の生おからや、岡山県産の小麦粉や米粉を使用したクッキーでおなじみ、「倉敷おからクッキーTETE」が製造。優しい甘さが心地よい、おからとごぼうの栄養がぎゅっと詰まった健康志向の焼き菓子です。

洋食こころ屋
倉敷市中畝4丁目2-29
TEL:086-454-2690
営業時間:(レストラン)11:30~14:30/18:00~20:30
定休日:月・火・水
※プリンは休業なし

まだまだある!​水島臨海鉄道「認定商品」

水島臨海鉄道「認定商品」は、ほかにもまだまだあるようです。「認定商品」のロゴが目印。
ぜひ見つけたら購入してみてくださいね。
手土産にすると話題になること間違いなしです!
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事