岡山県でおすすめの絶景スポット!王子が岳

申し訳ございません!今回ご紹介させていただく王子が岳ですが、写真ではこの感動を伝えきれません!ぜひ、実際に脚を運んでこの感動を味わってほしい、そんな絶景スポットなんです。
岡山といえば後楽園や倉敷美観地区が全国的に有名ですが、王子が岳も全国の皆様に知って頂きたい!山の上からの眼下に広がるパノラマビューは、思わず嘆息する美しさ。絶妙なバランスで石を積み上げるアートを「ロックバランシング」と言いますが、王子が岳はまさに「神が積み上げしロックバランシング」と言えるような巨岩アートな世界です。
(ご紹介する写真は過去に撮影したものも含みます)
掲載日:2023年07月28日
  • ライター:月子
  • 5113 ビュー

王子が岳の夜明け

夏の朝は早い。
しかし、王子が岳で見る朝日のなんと幻想的でエネルギーに溢れている事か。
ご覧ください、この朝焼けが広がる神々しいまでの壮観な光景を。
眠い目をこすりながらでも、未明からえっちらおっちらと赴く価値があります。
元旦には初日の出を見に来る方もいるほどのパワースポットです。

王子が岳の夕日

朝に弱い方は、ぜひ夕日をお楽しみください。
夕日で染まる王子が岳も素敵でしょう?
今まで青一色だった世界がだんだん淡いグラデーションに塗られていきます。
瀬戸内海ならではの淡いカラーが美しい。
海って、太平洋と日本海、瀬戸内海でそれぞれ違う色に見えるんですよね。
同じ夕日でも、時間や日によってこんな印象的な光景になります。
こちらの写真は冬の夕陽なのですが鈍色の海と島々のシルエットと赤い空。二色刷りの世界。
さまざまな表情を見せるのが魅力的です。

奇岩・巨岩 目白押し

駐車場から王子が岳パークセンターへと向かう途中の道から見える岩々。
「ニコニコ岩」と呼ばれる、王子が岳の象徴とも、王子が岳のキャラクターとも言える岩が見えます。
その名の通り、岩が笑っているみたい!
きっと、たくさんの人が遊びに来てくれて喜んでいるのでしょう。

ニコニコ岩への道

王子が岳パークセンターから「ニコニコ岩」への道は約10分ほど。
うだるような真夏日でしたが、 山道は鬱蒼とした 木々が 茂り、少し涼しく感じます。
自然豊かな王子が岳で、森林にも癒されます。

ニコニコ岩と一緒に瀬戸内海を眺める

パークセンターからニコニコ岩に向かう途中に屋根付きのベンチがある場所があります。
そこから降りた場所にある岩に上ってみました。
ニコニコ岩と二人で瀬戸内海を眺めているみたい!

岩の上に上るときは、安全面にご注意くださいね。

ニコニコ岩

ニコニコ岩さん、こんにちは。
ご対面すると、なんとまぁ大きいこと!
ニコニコ岩の隣に立つと全貌が見えないので鼻のあたりを触っていると思っていましたが、あごを触ってました。
近くで見ると、黒く影になっているあたりは年輪のような横筋が見られます。

ニコニコ岩近くの岩に上ってみる

岩に上るのはスリル満点、ちょっとした冒険です。
絶景に感動する気持ちと、高さの恐怖でせめぎあっております。
この写真は以前訪れた時のもので、もうひとつ前の岩には立てず…。
今回は「よし!レポートのため!」と勇気を振り絞ってチャレンジしてみました。
それが次の写真です。

息をのむ絶景

「うわぁ!!すごい!!」
としか言えない、語彙力も低下するほど圧倒される景色。
眼下一面に広がる海、潮目もよく見えます。
左下を見れば、海開きした渋川海水浴場がにぎわっている様子も見えます。
見たことありますか?トンビが自分より低い位置を飛んでる姿を。
ヘリコプターが同じ高さを飛んでいくのを。

でもやっぱり余りの高さに脚がすくむ…逆に怖すぎて何かが吹っ切れて楽しくなってきます。
岩に上るときは、くれぐれも安全にご注意くださいね!

ちなみに王子が岳は、ボルダリングの原点であり、聖地でもあるそうです。

ハート岩

なんとハート型の岩も!
カップルで訪れると、末永く幸せになれる…かも!

王子が岳パークセンターの展望台

王子が岳パークセンターの屋上は展望台になっているので、ぜひ階段を上ってみてください!駐車場から少し歩けば到着するので、岩に上らなくても気軽に絶景を味わえます。
なんと香川県まで見えるのです。讃岐富士の綺麗なトンガリや小豆島も見えますよ!

belk(ベルク)

先ほどの展望台の1階は、カフェ「belk」さんです。
絶景を眺めながらドリンクやケーキ、トーストなどを頂けます。
今回は、写真のドリンクとケーキをいただきました。
レモネードは心地よい酸味と、口の中でシュワシュワして爽やか!
チーズテリーヌは濃厚クリーミィでなめらかな舌触り。程よい甘さでとっても美味しいです。最後には芳醇な香りが鼻を抜けていきます。
桃とカマンベールチーズのケーキは、甘〜い桃のコンフィチュールに、カマンベールの塩みと食感がアクセントに。コーヒーの苦味が良く合います。
自家製レモネードは、中原観光農園さんの無農薬レモンを倉敷市児島産の蜂蜜に漬け込んでいらっしゃるとのこと。
そして、窓際のカウンター席に座れば、ご覧ください、窓からのこの絶景!
美味しいケーキとドリンクを頂きながら穏やかな瀬戸内海を眺める…あぁ、幸せ。
木の椅子やテーブルがナチュラルで、店内はとても優しい雰囲気。
美味しいドリンクとスイーツで、山歩きや岩登りで疲れた体が癒されました。
極上のひと時を過ごしたい方はぜひ「belk」さんへ!

【belk】
所在地:倉敷市児島唐琴町7 王子が岳パークセンター1階
営業時間:月~金10:00 ~18:00 (17:30Lo)、土日 9:00~18:30(18:00Lo)

パラグライダー場からの景色

王子が岳パークセンターの脇には パラグライダー場があります。
目の前に開ける瀬戸内海。
瀬戸大橋と島々が見渡せて、ああ、瀬戸内なんだなぁとしみじみ思う場所。
岡山に来たらぜひ見ていただきたい光景です。
現在は緑化のために立ち入り禁止になっていますが、この景観を眺めることは可能です。
以上、王子が岳のご紹介でした。王子が岳は何度訪れても感動します。写真では伝わりきらない 壮大な景色を、ぜひ ご自身の目で見てみてください。あなたも私と同じように、その美しさに感動すること間違いなしですよ!
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事