赤ちゃん・ペットOK!備前市のカフェ&温泉&グランピングと八塔寺川ダム

今回は、岡山県備前市にベビーと一緒におでかけしてきました。ペットと一緒に入れるお店も掲載していますので、最後までチェックしてください。地元で人気のおしゃれなレストランやカフェ、絶景を楽しめる貸し切り天然温泉、自然の中のドライブなど、子どももママもわくわくするスポットをご紹介します。
掲載日:2024年02月16日
  • ライター:髙田美津子
  • 2547 ビュー

備前市は関西からのおでかけにもおすすめ

岡山県の南東、兵庫県の県境に位置するのが備前市です。関西からも日帰りで訪れやすい場所にあります。取材日は3連休中だったので、兵庫や大阪、四国からもたくさんの方が観光に訪れていました。

カリフォルニアを感じるカフェで朝食を

2024年の4月で5周年を迎える「the Cove CAFE」に訪れました。
アメリカ、カリフォルニアのカフェをイメージした店内は、天井も高くおしゃれな雰囲気です。日曜日と祝日は、朝9時からオープンしているので、朝早くからのお出かけにもおすすめ。
入り口には少し段差がありますが、ベビーカーもそのまま入れます。子ども用のいすも用意されていて、小学生以下のお子さんには、キッズメニューもあります。
この日のキッズメニューは、ミートソースパスタ、フライドポテト、ドリンク飲み放題付き(660円/税込)でした。
大きな窓から見えるのは、日生(ひなせ)湾です。日生は牡蠣の養殖で有名です。写真の左側の海に浮かんでいるのが、牡蠣いかだです。岡山県は牡蠣が育つ条件が良く、広島県、宮城県に次いで、全国3位の生産量を誇ります。こちらのカフェも牡蠣を使った料理を提供していました。
朝食に、クロワッサンサンド(330円/税込)をいただきました。朝食は4種類あり、リーズナブルでママは嬉しい。ボリュームもあり、クロワッサンの生地が甘くて朝食にぴったりです。
デザートの種類も豊富で、この日は6種類ありました。お店で焼いたベイクドチーズケーキは、クリームチーズをふんだんに使っていて、濃厚でしっとりしていて最高でした。
カラフルなお皿や特徴的なカップは、アメリカから輸入しているオーナーのこだわりポイント。店内の雰囲気とマッチしていて素敵ですね。

カフェラテ、チーズケーキ(各550円/税込)、オレンジジュース(440円/税込)
オーシャンフロントのテラス席。雨上がりには、虹を見られることもあるそうです。
こちらのテラス席は、わんちゃんもOKです。

【the Cove CAFE】
所在地:岡山県備前市日生町寒河梶谷2360-20
TEL:080-2470-1715
営業時間:月~土曜日10:00~17:00、日・祝日9:00~17:00
定休日:金曜日
ベビーカー:OK

自然の中をドライブしながら「八塔寺川ダム」へ

「the Cove CAFE」から車で約35分。
自然の中をドライブして八塔寺川ダムに到着です。
八塔寺川ダムは、下流域の氾濫防止や水の確保・供給などの目的で1990年に完成しました(私と同じ年です)。高さは44m、横幅は226mもあります。実はダムに訪れるのは、今回が初めて。土日でも人はまばらで、穴場スポットです。
(八塔寺川ダム管理事務所から一部写真提供していただいています。)
訪れた記念にダムカードをゲットしましょう。土日祝でもダムの管理事務所でカードを配布しています。(配布時間は、9:30~16:15)
八塔寺川ダムオリジナルの写真パネルで、記念に写真を撮りました。いろんな写真パネルがあったので、お子さんも楽しく撮影できると思います。管理事務所で無料貸出しています。
ダム周辺を自由に散策・見学できます。こちらは、ダムのすぐそばにある石の彫刻広場です。飲食OKですので、ピクニック気分でお弁当を持参する方もいるそうです。
石の彫刻広場のほかに、多目的広場、自由広場の公園があります。自然の中で体を動かすと気持ちがいいですよね。子どももきっと喜ぶ場所です。また、ダム湖周辺の道路も散策でき、自転車を持ってくればサイクリングも爽快です(往復約8km)。
おすすめの季節は、秋。
ダムの周辺にはもみじが植えられていて、紅葉の時期が綺麗でおすすめだと、関係者の方が教えてくれました。

【八塔寺川ダム】
所在地:岡山県備前市吉永町高田361-2
TEL:0869-84-2550

ヨーロッパの旧市街を彷彿させるレストラン「Birreria Ristorante LE MANI」

八塔寺川ダムから車で約10分のところに、本格イタリアンレストラン「Birreria Ristorante LE MANI」があります。
手作りにこだわっていて、手打ち生パスタや釜で焼いたピザなどを楽しめます。席までベビーカーもそのまま入れます。
おすすめ前菜の盛り合わせ(1,320円/税込)
この日の内容は、たらとジャガイモのクロケッタ、鰆のカルパッチョ、生ハムでした。
見た目も美しく、美味しくいただきました。
マルゲリータ(1,650円/税込)
釜で焼く本格ピザは、3つの大きさから選べます。ピザやパスタの種類も豊富です。
ムール貝・アサリ・アンチョビのスパゲッティ(1,430円/税込み)
生パスタのもちもちした食感と海鮮の旨みが感じられる一品。
レストラン内にビール工場があるので、オリジナルビールと一緒に楽しんでみては。
テラス席はわんちゃんもOKです。レストランの敷地には、野外ステージや音楽ホール、コテージなどレンガ造りの建物がいくつもありました。まるでヨーロッパの旧市街に訪れたみたい。食事中に子どもが飽きてしまっても、広い敷地があるのでママも安心です。

【Birreria Ristorante LE MANI】
所在地:岡山県備前市吉永町岩崎724-3
TEL:0869-84-2242
営業時間:公式サイトをご覧ください
定休日:月曜日(ただし月曜日が祝日の場合、火曜日休み)
ベビーカー:OK

絶景インフィニティな貸し切り温泉&サウナ「ひなせ天然温泉 星乃湯」

日生で唯一の天然温泉かつ源泉100%の貸し切り温泉です。景色がすばらしい。日生湾と備前日生大橋が一望できる、インフィニティ露天風呂です。船が通ることもあるので、水着着用OKで、湯あみも用意されていました。
サウナも完備されています。貸し切り温泉で、貸し切りサウナも利用でき、さらに絶景を独り占め。「最高~!贅沢~!」
2024年1月にサウナをオープン。露天風呂には大きな水風呂もあるので、サウナ好きにはたまらないのではないでしょうか。サウナは貸し切り風呂の料金に含まれているので、嬉しい!脱衣所も広く、ドライヤーやウォーターサーバーなども用意されていました。

【料金】
完全貸切60分5名まで6,000円(税込み)、5名以上は1名につき+1,000円(税込み)※小学生未満無料
タオル貸出500円(税込み)※持参可能
日生駅から徒歩約15分、五味の市からも徒歩約10分というアクセスの良い場所にあります。週末や3連休は早めの事前予約をおすすめします。取材中も予約の電話が頻繁にかかってきていました。旅の疲れを温泉で洗い流して、気持ちよく帰宅できるのでおすすめです。

【ひなせ天然温泉 星乃湯】
所在地:岡山県備前市日生町日生641-42
TEL:0120-553-013
開館時間:11:00~14:00(予約制)
定休日:火・水曜日

グランピング

キャンピングトレーラーのエアストリームに宿泊できるグランピングも人気。家族で利用される方も多いそうで、わんちゃんを連れての滞在も可能です。屋根がついているので、天候に左右されないのも嬉しいですね。
ダブルベッド2名、ソファーベッド2名で4名まで宿泊可能。小学生以下は無料です。
こちらに宿泊の方は、さきほど紹介した貸し切り露天風呂が無料で利用できます。夏のシーズンは予約が取りづらくなるので、お早めに。
目の前は日生湾なので、オプションで釣りも楽しめます。この辺りは、アナゴ、ハゼ、メバルが釣れるそうで、春、夏、秋が良く釣れるのだとか。釣った魚は和食の料理長が調理してくれます。子どもが釣った魚を調理してお出ししたら、とても嬉しそうに食べてくれるとお話してくれました。旅育に良いですね。

1棟貸しのプライベートコテージ

全室オーシャンビュー、テラス付きの洗練されたお宿です。
宿泊の方は、無料で貸し切り温泉を利用できます。
最大5名まで宿泊できます。リゾートな気分を感じられる内装で、小さな子どもがいる家族には嬉しい畳のスペースもありました。
まるで水の都ベネチアにいる気分です。夜には備前日生大橋の街灯が、ノスタルジックな雰囲気を演出してくれます。星がきれいに見られるそうです。
【Villa Stella】(グランピング、プライベートコテージ)
所在地:岡山県備前市日生町日生641-42
TEL:0120-553-013(14:00~17:00)
休業日:火曜日
※時間外のお問い合わせは対応不可

オートキャンプ

2024年1月20日にプレオープンした車中泊専門のキャンプ場です。
シャワー式トイレと電源があります。
ご覧のとおり、瀬戸内の海を堪能できる場所で、穏やかな海が気持ちを落ち着かせてくれます。自然を近くに感じられ、自分と向き合うプライベートリトリートに最適な環境です。陸海空からもアクセスできるので、船やヘリで来る方もいるのだとか!?(ペット同伴可能)

【優活-YUU KATU-】
所在地:岡山県備前市日生町日生641-17
 

最後に

子連れ、ペットとのおでかけにおすすめの備前市のスポットをご紹介しました。
山も海も楽しめる備前市は、子どもと愛犬ウェルカムなお店が多い印象でした。備前市に訪れる人は、岡山県内はもちろん関西方面から来られる方が多いそうです。朝・昼・夜と楽しめる順番で書いているので、ぜひ参考にしてみてください。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事