青佐鼻海岸でシーカヤック体験!瀬戸内海を大満喫

浅口市寄島町の青佐鼻(おおさばな)海岸でシーカヤックができると聞き、体験してきました!
瀬戸内海の波にゆられ、自然を満喫しませんか。
タイミングがよければ寄島町のシンボル、三ツ山に上陸できますよ!
掲載日:2020年06月10日
  • ライター:こばん(小林美希)
  • 555 ビュー

青佐鼻海岸について

浅口市寄島町にある青佐鼻(おおさばな)海岸は、瀬戸内海らしい穏やかな海岸です。
砂浜が広がっていて、近くにトイレとシャワーもあるので、夏は泳ぎに来る家族連れの方もいらっしゃいます。
遠くに見える三連の小さな島は、三ツ山(みつやま)と言います。昔はそれぞれの小島の上に、松が生えていたそうです。

シーカヤック体験について

青佐鼻海岸でのシーカヤック体験は、地元をこよなく愛するスタッフたちが集うボランティア団体「NPO法人あさくちスポーツクラブ遊ぶところ」が開催しています。土日祝日、事前予約制です。
1時間コース(2,000円)と3時間コース(3,000円)があり、私たちは3時間コースにしてみました。
ライフジャケットと、スマートフォンの防水ソフトケースを貸していただけました。海の上でも安心して撮影ができます。
また、スタッフさんが撮影してくださった画像をあとからいただくこともできます。
動きやすくて濡れてもOKな服装、ビーチサンダルに履き替えて、帽子をかぶり。飲み物を持って、いざ海岸へ。
スタッフさんが砂浜で、注意事項の説明や、パドルの動かし方をレクチャーしてくださいました。
道中も見守ってくださり、初心者でも安心して参加できました。

いよいよ海へ!

乗船し、スタッフさんにカヤックを押していただき、いよいよ海へ! 私は9歳のちひろくんとペアで漕ぎだしました。
右・左・・・と二人で息を合わせて漕ぐと、スピードアップ。左のみ漕ぐと、右方向に進み、右のみ漕ぐと、左方向に進みます。最初は思い通りに進みませんでしたが、次第に慣れました。
広い海を進んでいく気分は最高! 波の揺れと、ひんやりした水しぶきが爽快です。
ちなみにこちらの写真はスタッフさん撮影。自分では漕ぐのに必死でなかなか撮影する余裕がなかったので、こんなショットを撮影していただけて嬉しかったです。
漁業の網のようなものの近くを通って進んでいきます。普段とは違う目線が新鮮!
3時間コースでは、2kmほど離れた三ツ山まで行って帰ってくることができました。
しょっちゅう青佐鼻海岸に来ている私でも、こんな場所から三ツ山を見るのは初めてで感動しました。
この日は潮の加減がよく、なんと三ツ山に上陸することができました!
青佐鼻海岸から三ツ山までは2kmほどだそうです。私たちは1時間ほどで到達しました。
三ツ山の上にのぼるちひろくん。ちひろくんのお母さんが、陸から望遠で撮影してくださった写真です。
帰りは、誰が一番に到着するか競争しながら、全力で漕いで帰りました。

終了後も嬉しいことがたくさん

シーカヤック終了後、スタッフさんが海上で撮影してくださった写真をプレゼントしてくださいます。
夢中になって漕いでもOKですね!
カヤックを降りたら、足を洗ったり、目隠しがある場所で着替えることができました。
水しぶきをあびて、特に下半身が濡れるので、着替えを持って行くことをおすすめします。
大自然の中で体を動かせるシーカヤック。瀬戸内海の多島美を眺めながら、爽快な気分になりますよ。ご家族やお友達とぜひ楽しんでください。
マップを見る

同じテーマの記事

このライターの記事